動画編集ソフト

【体験談】営業や交渉をしないで単価UPする方法【動画編集】

お悩み
●単価UPの交渉は苦手
●低単価案件で消耗している
●クラウドソーシングで高単価案件を取れない

この記事を読めば、これらの悩みが解決するかもしれません!!!

動画編集をしている人が必ずぶち当たる壁=単価交渉

クライアントを相手に「単価を上げてください!」って言いずらいですよね。

単価UPを拒否されるかもしれないし、クライアントに嫌われるかもしれないし...

そこで今回は、営業や交渉をしないで自然に単価UPする方法を紹介していきます。

ボクは動画編集者としての今までの経歴は、

クラウドソーシングで500円で最初の仕事をゲット

総チャンネル登録者数20万人以上
単価10,000円以上の案件を獲得

単価500円→10,000円までどうやって単価を上げていったのか、数万人規模のチャンネルの編集をどうやって任せられるようになったのか、これを読めばわかります。

 

【体験談】新規チャンネルの編集を担当するようになった話

結論から言うと、3つのルール(後で解説)を守り仕事を続けたことで、クライアントから新規チャンネルの編集を打診していただきました。

「この度は弊社で新規YouTubeチャンネルを設立することになりました。つきましては、ぜひたろ様(仮名)YouTubeチャンネルの編集をお願いしたくご連絡いたしました。」

このクライアント様はクラウドソーシングで求人に応募して、最初の仕事を頂いてから継続的に仕事を頂く関係にありました。

しっかりお互いの信頼関係を築いたお陰で「たろ様に編集をお願いしたい」と依頼して頂き、報酬も柔軟に対応して頂きました。

単価UPには高いスキルは特段に必要ではなく、クライアントとどれだけ信頼を築けるか、これに尽きます。

次からクライアントと信頼関係を築くためにボクが意識する3つのルールを解説していきます。

 

営業や交渉をしないで単価UPする方法

①絶対に初歩ミスをしない

初歩ミスは絶対にNG。

初歩ミスは、

●文字揺れ
●映像の乱れ
●指示書と違う編集 など

サルでもわかるようなミスのことです。

1度のミスは致し方ないにしても、2度も3度も同じような初歩ミスをするような編集者は信頼を築くことはできません。

お悩み

この人に仕事を任せたくないなぁ

と最悪の場合、仕事を失うことだってあります。

編集クオリティよりも”ミスのない編集”を求めているクライアントが多いのが事実。

だって編集できる時点で高クオリティだもん。

テロップ・BGM・SE・エフェクト挿入するのって、編集したことない人にとっては高いスキルなこと。

しかも高クオリティのために時間を取られたくないっていう考えを持つクライアントも多いです。

YouTubeをテキトーにやってるワケではないが、本業でしてる人は少なくとにかく情報を世にして認知を広めたい、っていう"スピード"を意識しています。

だからこそ初歩的なミスはできる限り無くし、丁寧な編集を心がけましょう。

 

②常に"視聴者目線"で

"視聴者目線"になって映像制作をしていますか?

視聴者目線を意識して編集していると、

●ここに表があればもっとわかりやすいかも
●テロップの色を変えた方がもっと目立つね
●この動画にはポップなBGMが合うかも

とポンポン良いアイデアが浮かんできます。

そうしたアイデアを積極的にクライアントに提案しましょう。すると、

たろ

この編集者さんはチャンネルを伸ばすために考えてくれてる!

と信頼はアップしていきます。

チャンネルを伸ばす、ことはみんなが想っていること。そのために尽力できる編集者はクライアントから大事にされます。

 

③即レスは基本

こまめな連絡って、信頼関係の構築には"必須"なんです。

フリーランスで動画編集をするとき、リモートで仕事をすることがほとんど。

リモートの仕事ってなると、

●ちゃんと連絡が届いてるかな?
●ちゃんと仕事をしてくれているかな?

と不安に思うクライアントも多いです。

メッセージが来たらすぐ返事!というワケではないが、メッセージを見たらすぐ返事することを心がけてます。

ムリな対応であれば、「いま出先のため、帰宅後すぐに確認いたします。」と返信。

相手に「連絡を確認しましたよ!」っていう意思表示になりますよ。

 

やられたらやり返す!【返報性の法則】

返報性の法則ってご存じですか?

人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱く
引用:返報性の原理 Wikipedia

やられたらやり返す!(少し過激な表現ですが、)してもらった恩は返さないといけない、っていう人間の本能をくすぐります。

そうすることで、

●いつもお世話になっているから、報酬UPを検討しよう
●安心して仕事を依頼できるから、次のプロジェクトはこの人に頼もう

とすべてが良いように展開していくんですよ。

与えられる前にまずは与える、ことを徹してみることをオススメします。

 

まとめ

今回は営業や交渉をしないで単価UPする方法を紹介してきました。

単価UPするには、やはり”信頼”はとても大事です。

3つのルールの裏には"信頼関係の構築"が存在します。

これを読んでくださった皆様が、高単価案件を獲得することを願っております。

-動画編集ソフト
-,